Siteflow image

ロボットコースの詳細

■初・中級「もののしくみコース」       
■中上級・上級「ロボットプログラミングコース」

信号機や車など身のまわりの生活にあるロボットや動物型ロボット、対戦型ゲームなど豊富な作例を用意しているので、
子どもたちが楽しみながら視野と興味を広げていけるカリキュラム構成になっています。
はじめは、さまざまな機構を組み立てることで、プログラミングだけでなくロボットの仕組みについて学び、
その後のプログラミング工程での応用力につながる、ステップをふんだ内容です。

▶体験会予約受付中 →コチラから

980720初級ACE-LAB1説明画像

初級《ACE LAB1》
(※年長さんから受講可能です)

△写真は組み立てモデルの一例です(全12モデル)

初級《ACE LAB1》では、内蔵されたプログラムを活用し、モデル組立てによる想像力、創造力、空間認識力の向上、機械の仕組み・科学原理を学びます。
※《ACE LAB1》では機械の仕組みと科学原理の学習がメインになります。

───学ぶ内容
テコの原理
弾性エネルギー
表面張力
摩擦力
ギヤの種類と特徴
ギヤの働き
フックの法則
はかりの種類
昆虫の成長
フレミングの左手の法則
車輪の役割りと発展過程
トラス構造
可動橋の種類
リンク機構
犬の役割り
風が吹く仕組み
再生可能エネルギー
昆虫の特徴
接触センサーによる方向転換

▶体験会予約受付中 →コチラから

980720中級ACE-LAB2説明画像_rvRc6yc

中級《ACE LAB2》

△写真は組み立てモデルの一例です(全12モデル)

初級に新たなパーツを加え、り高度な機械の仕組みと科学原理の学習がメイン。
サーボモーターや赤外線センサー、音センサーを加え内蔵されたプログラムを活用し、モデル組立てによる想像・創造力空間認識力向上、機械の仕組み・科学原理を学びます。

───学ぶ内容
産業用ロボット
慣性の法則
自転車について調べる
チェーン伝動
遊具の科学原理
遠心力
機械装置「カム」
自動ドアの仕組み
摩擦伝動
時計の仕組み、時計ロボットのギヤ
音センサーの仕組み、音センサーでロボットを動かす
農業用ロボット
ベルト伝動
恐竜の種類
リモコンの仕組み
家庭用ロボット
赤外線センサーの仕組み
カブトムシについて
ライントレースの仕組み
サポートロボット
サーボモーターの仕組み
ロボットを使った競技

▶体験会予約受付中 →コチラから

980720中上級ACE-LAB3説明画像

中上級《ACE LAB3》
※プログラミングで動かします

△写真は組み立てモデルの一例です(全10モデル)

オリジナルストーリー「宇宙探検物語」を読み進めながら、物語に登場するロボットたちを組立て、プログラミングし、制御する事で問題解決能力を高めます。
《ACE LAB3》では、プログラミングがメインになります。
《ACE LAB1、2》で学んだ機械 の仕組み+ 科学原理にプログラミングを併せ持つことで、総合統合能力を育てます。

───学ぶ内容
LED を制御してモールス符号でSOS 信号を作る
FOR とNEXT を使ってのくり返し制御
GO とBACK を使い前進・後進を制御
LEFT とRIGHT を使い回転を制御
CW、CCW を使いDCモーターを個別に制御
LABEL とGOTO を使い無限ループを制御
IF とEND IF を使って条件分岐
赤外線センサーモジュールを使った制御
サーボモーターの角度を制御
サーボモーターの速度を制御
音センサーを用いてロボットを制御
ライントレース
ロボット・プログラム創作

▶体験会予約受付中 →コチラから

980720上級ACE-LAB4説明画像

上級《ACE LAB4》
※プログラミングで動かします

△写真は組み立てモデルの一例です(全10モデル)

テーマパークを題材にしたオリジナルストーリー「タミランド」を読み進めながら、高度な組立てに加え、これまでの経験を総動員し目的に合わせ自分でプログラムを考え、トライアンドエラーをくり 返す事で、論理的思考を育みます。

───学ぶ内容
最高難易度の組立てを行なうことで観察力・空間認識力アップ
目的に合わせてプログラムを一から作る、または改変する
ロボットの意匠性を意識し感性を磨く
傾斜センサーモジュールの仕組み
光センサーモジュールを使う
ブザーモジュールで音を出す
キャタピラを使った無限軌道
ロボット・プログラム創作

▶体験会予約受付中 →コチラから